[Market & Industry] ロック画面を活用したモバイルアプリマーケティング~継続率(リテンション)増大戦略~
[Buzzvil News] CCCグループ主催「T-VENTURE PROGRAM」最終審査会
8月 7, 2017
[Buzzvil News] BuzzScreen日本初リリース!
10月 1, 2017

[Market & Industry] ロック画面を活用したモバイルアプリマーケティング~継続率(リテンション)増大戦略~

成熟期に入ったスマートフォンとアプリ市場

スマートフォン時代の門を開いたiPhone 3GSが2009年末に韓でリリースされてからおよそ8年がちました。韓国内スマートフォンの普及率は2017年時点でおよそ85%に達するほど大しました。

これほど大された市場になっているだけに、二~三台目のスマートフォンを使うユーザーもえており、よく使われているアプリはある程度は決まってきました。この文章をんでいる方は、先月アプリをいくつダウンロードされたのかになります。

アメリカの有名市場調査機ComScoreが表した資料によりますと、米スマートフォンユーザーのおよそ50%は、一ヶ月間一つのアプリもダウンロードしていないといいます。初めてスマートフォンを購入し、使えるアプリを積極的に見つけ出す時代はもう去ったのです。次のデータを見ると、その理由がより明確に分かります。

2017年第1四半期の時点で、一人たり一日使うアプリの平均は米でおよそ11.5であり、韓はそれより少し足りない9.8程度です。Google Playに登されたアプリが、2017年3月時点で280万に達することを鑑みると(Statista, 2017)、そしてその280万のアプリを作るために血と汗を流した開者の苦を考えてみると、ごく少ないと言わざるを得ません。

ユーザー確保、その後

 

やっとの思いで(と書いて、「アプリマーケティングに多大なコストを投じて」とみます)ユーザーにアプリを取りむよう誘導したのはいいものの、その後、ユーザーが日使う9.8のアプリの中に入るためにはどれほどしのぎを削ることでしょう。こうした況で、アプリのマーケターはどのような略を使できるでしょうか。二つのシナリオをともに考えながら答えを探してみましょう。

まず最初に、アプリをダウンロードして初めて使った新規の利用者がいるとしましょう。ある程度アプリをに入ってもらいました。少し使ってみるうちに、先ほどアップしたFacebookの投稿に、友達がコメントをしたというプッシュ通知がました。自然とアプリから離れてFacebookのほうに移ります。Facebookで他の友達の投稿をんでいるうちに、いつの間にか先ほど取りんだアプリのことは忘れてしまいます。そして、しばらくはアプリを起動しなくなります。(A)

従来のアプリを使っていた利用者がいます。アプリから提供されるコンテンツはいいけれど、課金は負に思います。無料で提供されるコンテンツを少しんでいるうち、すぐに一日の限度を超えてしまい、うんざりして自然とアプリから離れます。(B)

先のAとBのアプリ離れシナリオは、すべてロック面を掌握することで大幅に改善することができます。

アプリをダウンロードして初めて使った新規の利用者に、自然とロック面機能をオンするように誘導し、アプリで提供する財貨やサービスとつながるメリットを提供します。初めてのことで受け入れや好奇心の方がしており、またメリットの提供をアピールすることで簡に同意が得られます。まずロック面をオンにすると、アプリ部のコンテンツやイベントのお知らせを持的に提供します。また、ロック面上のユーティリティー機能(e.g、ショットカット)を通じてアプリを使う「習慣」ができる前にアプリから離するユーザーを、むしろ「習慣的に」利用してもらうことができます。

また、ロック面を使用している間、獲得したポイントで有料コンテンツを無料で購入する経験を提供します。すると、課金が負に思えアプリから離れたユーザーを再び呼びすことができます。それだけではなく、ってきたユーザーはこのポジティブな経験をもとに、今後有料コンテンツを購入にもつながる可能性も高まります。

継続率の大がCAC改善にえる影響

ユーザー誘致費用(CAC)平均が2,000ウォン(日本円でおよそ200円)のアプリがあるとしてみましょう。ダウンロードしたその日からアプリを使う利用者は20%の割合です。この場合、際にかかったユーザー誘致費用は、「2,000ウォン/20%=10,000ウォン/ユーザー」という計算になります。つまり、際のアプリ利用者一人たりに10,000ウォン(日本円でおよそ1000円)を支っていることになります。

同じく、CACが2,000ウォンのアプリがあるとしてみましょう。今回は一日の継続率が30%です。際のアプリ―利用者一人たりの誘致費用は6,667ウォン(日本円でおよそ670円)になります。(2000ウォン/30%)

このように、継続率10%の改善が生む質利用者へのCAC改善果は、非常に大きいといえます。多いアプリマーケターが継続率に神を尖らせる理由ですね。

BuzzScreen、ロック面SDK

それでは、こうしたロック面機能を自社で開しなければならないのか。BuzzScreenのロック面SDKと連動すれば手に活用できます。

BuzzScreenの協力社のロック

バズヴィルは2015年、SK PlanetのOK cashbackをはじめ、ロック面SDKプラットフォーム事業に集中し、モバイルアプリマーケターへの益化や継続率改善といったみ解消に取り組んでいます。

2017年9月現在、LotteのLpoint、11STREET、CJ One、KT Whowho、Clip、Battle Comics, T-money、LG U+など、韓国内通信大手3社のフリーロードアプリをはじめ、40あまりのさまざまなアプリと提携を結んでレファレンスを確保するとともにサービスを持的に改善しています。

BuzzScreen協力社のカテゴリーリスト

最後に

ロック面機能が従来のアプリに加わると、全ユーザーに自動活性化や制的に露出され、むしろ害となるのではないかとの不安のもあります。SDKが入されてからも、ロック面機能は100%利用者の同意の下で活性化するので、ユーザー経験を損なうことはありません。

まず、ロック面が活性化されれば、アプリマーケターは24時間アプリを活性化したユーザーを確保できるメリットがあります。さらに魅力的な点は、利用者がロック面を通じて得た興味深いコンテンツや告を通じてアプリの情報を持的にアップデートしますが、アプリを使っているという感を持たないほど自然に馴染んでくるということです。

そこにユーザーがどのコンテンツを消費するのか。どの告に反するのかなど、さまざまなデータを積み重ね、これをもとにユーザーの行動データと統合活用できます。ウェブブラウザで常時ログインしているユーザーを持つのと同じようなメリットが得られます。

ユーザーの継続率にんでいますか?今すぐバズヴィルまでどうぞお問い合わせください。