BUZZVIL BLOG

[Buzzvil News] MAU1,000万達成に貢献したリワード付きディスプレイ広告配信SDK「BuzzAd Benefit」とは?

先日の記事にて弊社が提供するリワード広告の配信月間アクティブユーザーが1,000万人を突破したことをお知らせいたしましたが、今回のブログでは昨年より本格的にサービスを展開し大幅にユーザーを増やしている弊社の新プロダクト、リワード広告配信SDK「BuzzAd Benefit(バズアドベネフィット)」をご紹介いたします。

※関連プレスリリースはこちら

そもそも、BuzzAd Benefitとは?一言で言うと・・・

「原資なしで既存ユーザー向けにポイント還元できる仕組み」をアプリに実装することでエンゲージメント強化と収益増に貢献するソリューションです。

SDKでの提供となりますので、独自アプリをお持ちの事業者様向けのサービスとなります。またユーザーにポイントを付与することでエンゲージメントを強化する仕組みの為、自社ポイントを持っている、あるいはアプリ内課金アイテムがあることが導入の前提となります。

BuzzAd Benefitは下記のようなアプリマーケティング課題の解決に貢献します。

・時間と費用をかけて獲得した新規ユーザーがアプリから離脱してしまう

・ユーザーがなかなか定着せず、アプリの継続率に悩んでいる

・リテンション改善キャンペーンを展開したいが、マーケティング予算の確保が難しい

このような課題を抱えるアプリ事業者様へとっておきのリテンション改善・新たなマネタイズの秘密兵器となるのがBuzzAd Benefitです。

BuzzAd Benefitを導入すると実際にどのような画面がユーザーに見えるのか、弊社アプリ「ハニースクリーン」のスクリーンショットを例にご紹介していきたいと思います。


BuzzAd BenefitのSDKを貴社アプリに実装すると、アプリ内の任意の位置にリワード付きディスプレイ広告を表示することができるようになります。(広告の設置箇所などのコツなど、こちらについては次回のブログで詳しくご説明いたします!)

[ユーザーが広告を見てポイントをもらうまでの流れ]

1.広告をクリックする(上記の場合赤ボタン

2.広告のLPに遷移する

3.遷移と同時にアプリ内ポイントが貯まる

4.アプリ内ポイントが一定数貯まったらポイントやアプリ内アイテムに交換

SDKを実装してアプリ内に広告を表示させるという点では他社と同様です。しかしBuzzAd Benefitは広告を表示させるだけでなく、貴社のポイントシステムと連携をすることで、広告をクリックしたユーザーに対し、ポイントを付与できるようになります。なお、ポイントの原資は広告収益によってまかなわれるため、貴社の持ち出しは不要です。

これにより、ユーザーに2つの変化が起こります。

1. 毎日簡単にポイントが貯まるから、アプリをさらに起動するようになる→継続率の改善

2. 簡単に貯まったポイントで、貴社サービスを使ってみる→原資をかけずに貴社ポイント・プレミアムサービスの利用機会をさらに創出

弊社アプリ「ハニースクリーン」には既にBuzzAd Benefit SDKが実装済みですので、アプリを通じて実際の動きをご体験いただけます。

https://play.google.com/store/apps/details?id=com.buzzvil.honeyscreen.jp&hl=ja

※ハニースクリーンはAndroidのみの展開ですが、BuzzAd Benefitの機能はiOSアプリにも実装可能です。

BuzzAd Benefitを利用したユーザーエンゲージメント・新たなマネタイズにご興味がございましたら下記までお気軽にご連絡ください。

Media Kit(アプリ事業者様向け案内資料)はこちら

お問い合わせ:sales.jp@buzzvil.com