BUZZVIL BLOG

[Buzzvil News] アプリ事業者必見!BuzzAd Benefitの実装メリットとは?

前回のブログでは弊社の新プロダクト「BuzzAd Benefit(バズアドベネフィット)」をご紹介しましたが、今回はアプリ事業者様向けにこのリワード付きディスプレイ広告配信SDKを実装するメリットに焦点を当ててご紹介いたします。

※前回のブログ記事はこちら

BuzzAd Benefitは、原資なしで既存ユーザー向けにポイント還元できる仕組み」をアプリに実装することでエンゲージメント強化と収益増に貢献するソリューションです。

どのようなアプリ事業者向けのサービス?

→自社ポイントやアプリ内課金アイテムがある

リワード付きディスプレイ広告を表示する仕組みとなりますので、リワードとなるものが必要です。実際のポイントや課金アイテムでなくても、ゲームする為のいわゆるガチャのようなアプリ内通貨となるものでもリワードとして工夫することができます。

ゲームアプリの例

→ リワード広告を5回クリックすると、ガチャが1回回せる

マンガアプリの例

→ リワード広告を10回クリックすると、漫画の一話が無料で読める

このように、ユーザーがアプリ上で獲得したリワードを同じアプリ内で使えるようにできるのもBuzzAd Benefitの大きな特長です。(※ポイントシステムの連携が必要)

それではBuzzAd Benefitの実装のメリットについて!2つあるメリットのうち、まず1つ目は、

「エンゲージメント・リテンションの改善」

1. 弊社SDKを実装すると、リワード付きのディスプレイ広告が表示される
2. 貴社アプリユーザーがリワード広告をクリックすると、広告LPに遷移すると同時にアプリ内ポイントが貯まる
→ポイントが貯まることをフックに、毎日アプリを起動するようになり、アプリ内滞在時間が増加する

続いて2つ目のメリットは、

「新たなマネタイズの創出」

1. ユーザーがリワード付きのディスプレイ広告をクリックして貯めた貴社ポイントまたはアプリ内アイテムは貴社アプリ内のポイントまたはアイテムに交換
2. 広告をクリックするだけで「リワードがもらえるアプリ」と認識してもらえ、ユーザーとのサービス接触回数の増加
→ユーザーへのリワードの原資は広告収益からまかなわれます。そのため貴社の持ち出しは不要で、かつ、新たな収益が生まれます

このソリューションをご紹介する際にアプリ事業者の方によくいただくお問い合わせが、

「既に動画広告や純広告を導入しているアプリでもBuzzAd Benefitは導入できるの?」

→はい。できます!

BuzzAd Benefitは、広告枠がまだアプリ事業者だけでなく、既存で入っていても新たに広告枠を増やしたい、純広告があってもフィルの予備としてさらに枠を増やしたいアプリ事業者にぴったりの枠をSDKを通じて簡単に実装が可能です。

実際にこのBuzzAd Benefitがどのように見えるかを確認したい方は、この機能が既に実装されている弊社の自社アプリ、ハニースクリーンよりご確認頂けます。

https://play.google.com/store/apps/details?id=com.buzzvil.honeyscreen.jp&hl=ja

※ハニースクリーン はAndroidのみ展開ですが、こちらのBuzzAd Benefitの機能はiOSでもご利用頂けます。

BuzzAd Benefitを利用したユーザーエンゲージメント・新たなマネタイズにご興味がございましたら下記までお気軽にご連絡ください。

Media Kit(アプリ事業者様向け案内資料)はこちら

お問い合わせ:sales.jp@buzzvil.com