ニュース

Buzzvilの最新情報をお届けします
プレスリリース

アプリマーケティングツール「BuzzAd」を展開する バズヴィル、貯金アプリfinbeeへ提供開始。アプリ収益化の強化へ

2020.10.27

クリック型リワード広告配信プラットフォーム「BuzzAd」を展開する株式会社バズヴィル(日本オフィス:東京都港区、代表取締役:吉澤新、以下「バズヴィル」)は、株式会社エストエッグ(東京都千代田区、代表取締役社長:田村栄仁、以下「ネストエッグ」)が運営する貯金アプリ、finbee(フィンビー)へ、アプリのさらなる収益化とユーザーエンゲージメント向上を目的としたアプリマーケティングツールである「BuzzAd」の提供を開始したことをお知らせいたします。

 

このクリック型リワード広告の導入により、ネストエッグはfinbeeアプリ内にインタースティシャル型広告を配信することができ、新たな収益源を確保することが可能となります。また、finbeeをご利用中のユーザーはアプリ内に配信された広告をクリックするたびにスタンプをもらうことができます。このスタンプを10個貯めると自動的に1ポイントと交換することができ、ユーザーのロイヤルカスタマー化も期待できます。

 

【finbee(フィンビー)サービス概要】
2016年12月にサービス開始。「かなえる日々を、はじめよう」をコンセプトに、お金を貯めることの背景にあるお客様の目標、願い、夢を実現する貯金サービスを提供しております。家族、友人とシェアして貯金できる「シェア貯金」や、特定のスポットにアクセスすると自動で貯金できる「チェックイン機能」など、ユニークな機能でこれまでにない貯金の楽しみ方を展開しております。

 

ダウンロードURL Google Play:
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.nestegg.finbee

ダウンロードURL App Store:
https://apps.apple.com/JP/app/id1182852315

 

【株式会社バズヴィルについて】
2012年に韓国で事業を開始、2014年に日本に進出いたしました。スマートフォンのロック画面上に広告を配信する技術を利用し、BtoC向けにお小遣いアプリHoneyScreen(ハニースクリーン)とSlideJoy(スライドジョイ)を提供、BtoB向けにロック画面広告配信技術を導入できるBuzzScreen(バズスクリーン)を提供しており、世界最大のロック画面広告プラットフォームとして、30ヶ国で展開しています。日本ではJRE POINT、Pontaポイント、LINEポイントが貯まる「貯まるスクリーン」シリーズとして現在3つのパートナーアプリを提供しています。

日本支社:東京都港区虎ノ門4-3-1城山トラストタワー21階 
設立(日本):2014年
日本支社代表:吉澤新
公式ホームページ:https://www.buzzvil.com/ja

 

【株式会社ネストエッグ】
設立日:2016年4月1日
所在地:東京都千代田区紀尾井町3-12紀尾井町ビル11階
代表取締役社長:田村栄仁
事業内容:貯金・決済サービスの企画・開発・運営
公式ホームページ:https://finbee.jp/

 

【本リリースに関するお問い合わせ】
株式会社バズヴィル広報担当:pr.japan@buzzvil.com

お問い合わせ